活用場面

次期指導要領の大きなポイントいわれるアクティブラーニング。
それを実現するには、児童・生徒一人ひとりの学力の底上げを図る必要性があります。
Study Planetsに搭載されたプリントを活用することで、児童・生徒1人ひとりの学習状況の中での課題を解決することが容易にできます。
また、Study Planetsでは、場所を選ばず、授業以外の多様な学習場面において、アダプティブラーニングをサポートします。

アクティブラーニングの実現は、まず、学習状況に課題を抱えた児童・生徒の学力の底上げが前提となります。
そのために必要な個別対応を、様々な学習場面で、児童・生徒一人ひとりに施せるのがStudy Planetsの大きな特色です。


児童・生徒一人ひとりが行ったプリントの結果は、学習記録としてサーバーに蓄積されます(蓄積の有無は、任意で設定ができます)。
Study Planetsでは、個々の学習状況から、学校全体での学習定着状況まで、様々な角度から蓄積された学習記録を分析することを可能にしています。
真に有効な学力向上施策を推進することができます。